政治理念・政策

政治理念

 「日本を世界一の国にしたい」

 この気持ちが、政治を志した原点です。

 バブル崩壊と共に生まれ、失われた20年と揶揄される不況の中で育ち、

 未来に対して夢や希望を持てない若者が増えている...

 そんな暗い報道ばかりが為されてきました。

 しかし、私は、日本人としての誇りを持っています。

 そして、日本がどの国よりも素敵な国だと自負しています。

 幼い時から日本各地を父の仕事で転々とし、多く日本の魅力を知っているからこそ、

 また、旅行や留学で世界各国を見てきたからこそ、

 自信を持って日本の魅力を語れます。

 そして、日本の首都である東京こそ、世界のどの都市よりも、

 物理的にも精神的にも豊かで、誰もが毎日安心して暮らすことができる都市として、

 世界をリードしていく必要があると感じています。

 ヒト・モノ・カネが集まり、持続可能な都市にしていかなければなりません。

 そのために今、何ができるか、何をすべきかを、私はいつも考えています。

 10年先、20年先、50年先、100年先の日本の未来を見据えて...

 

政策

 「千代田区民、全員主役宣言!」

 このスローガンを掲げて、区政と協働しながら、都政に区民の声を届け、

 東京を代表する千代田区から日本を活気づけていこうと考えています。

 都政の主役は「都民」です。都民一人ひとりが主役なのです。

 東京都という一国に値する財政力を活かして、

 一人でも多くの都民がやりたいことを実現できる環境を整えることが、

 都議会議員の仕事です。

 また、東京都が抱える問題に対して、都知事と緊張関係を保ちつつ、

 解決方法を議論し、決定し、実行する、ということも、

 都議会議員の仕事です。

 これらに基づき、主に以下の点を都政で実践していきます。

………………………………………………………………………………………………………… 

①人生100年時代の東京 ~少子高齢化への対応~

 ●健康寿命を80歳にアップさせ、長い期間充実した生活を送れるようにします。

―希望制で定年の延長や、それ以降の仕事紹介等を行い、元気な高齢者の力を活用。

ー二世代・三世代の同居・近居を促すような減税や助成制度実施。

―都市型ケアハウスやグループホーム、特養ホーム、幼老複合施設等の整備。

―見回り介護、地域コミュニティの活性化。

 ●スマート社会を推進し、生活をより便利にします。

―介護や医療の現場でビッグデータ、AI、IOTを活用。

―バリアフリー化、ユニバーサルデザインを意識した街づくり。

―都内にfree wi-fiスポット及び充電スポットを増設。

―行政手続きの電子化推進。

 ●医療・健康増進の高度化を目指します。

―がん検診受診率の向上のため検査キット配布。

―緊急・災害医療体制を都立病院から充実。

―オリンピック関連の大規模な健康・スポーツ振興イベント開催。 

②安全・安心の東京 ~防災・防犯の条例整備~ 

 ●防災対策を充実させ、災害に強いまちづくりを行います。

―老朽化施設の耐震化及び不燃化。避難所等に発電機能設置。

―区による用地取得に対する支援、老朽家屋除去への助成。

―帰宅困難者への対応及び被災時の指揮命令系統の確立。

―救出活動にはドローン含む最新技術の活用。

 ●防犯対策も強化し、脅威に負けない仕組みを作ります。

―街灯や防犯カメラ適正配置、地域パトロールの強化。

―防災用ヘルメットを子供たちに支給。

③活力・発展の東京 ~元気な中小企業、賑わう観光都市~

 ●東京をニューヨークやロンドンに劣らない国際金融都市へ飛躍させます。

―貯蓄から資産形成へ、家計の消費の好循環を促進すべく投資教育。

―地方法人課税の一部見直し。海外通貨・債権の取引を容易化。

―Fintechの誘致及び育成。

―金融関連法規や行政手続きの英語化、ワンストップ窓口設置。

 ●民間成長戦略の展開し、日本経済を牽引していきます。

―個人都民税10%・事業所税50%、それぞれ減額。

―積極的な産学連携・民間活用により、新しい技術やサービスを創出。

―全国自治体と連携し、中小企業や商店会の発展支援。

―海外企業誘致のための都市交通網及び税制の整備。

 ●江戸文化を活かした観光都市東京の発信を行います。

―歴史ある伝統や文化の継承及び保存。

―観光資源開発、新しいtokyo文化の発信。

―空き家活用含む、民泊等の都内宿泊施設の開拓。

④女性・若者が輝く東京 ~チャレンジできる社会、子育てと介護の拡充~

 ●女性のライフプランをより豊かにします。

―女性が働く分野の拡大・管理職登用の促進。

―シッター制の強化や託児施設多様化で、育児と仕事の両立を可能に。

―不妊治療の支援拡大、出産費用の補助、育休の延長を実現。

―未婚率の減少を目指して、出会いの場を創出。

―経済的負担を減らすべく、育児・介護の低利融資制度を実施。

 ●若者が描く夢を、都として支援していきます。

―私立小中学費一部負担、給食費無償化、第三子以降の保育費等無償化。

―一定程度の能力をもった学生が参加できる無償の海外留学プログラム作成。

―経済的に学びの場を選べない児童に衣食住含む環境を整備。

―社会人が本業とは別に新しいことに挑戦できる環境づくり(起業/兼業)。

―就職活動における適切なマッチングを率先。

⑤決められる東京~豊洲市場への早期移転、2020年東京オリンピックの成功~

 ●豊洲市場への早期移転に向けて、正確かつ迅速な情報発信を行います。

  そして、都知事に移転の決断を求めます。

 ●東京オリンピックの開催成功のための早急な都市基盤整備、及び

  オリンピック開催準備で生じる展示場問題等の弊害の除去に全力を尽くします。

  

…………………………………………………………………………………………………………

 自民党は、国・都・区それぞれに議員がいることから、

 三位一体となり問題解決に取り組める利点があります。

 また長期的に政権を担ってきた経験と実績があります。

 都政を前へ進めることができるのは自民党だけです。

 良いところは引き継ぎ、悪いところは変えていき、

 より皆さまからご支持いただけるような自民党を作って参ります。